ヒアルロン酸注入法

Pocket

ヒアルロン酸豊胸切開の必要がないヒアルロン酸注入法。ヒアルロン酸は体内にも含まれる成分のため拒絶反応が少なく体内に注入しても害がありません。そして、体にメスを入れることがなく痛みや腫れ、拒絶反応もほとんどないので心理的にも抵抗が少なく気軽に受けられる手術とされています。しかし、ヒアルロン酸ですが、体内への吸収も早く体内にすぐに溶けていってしまいます。

そのため長期間バストアップされることは期待できません。スポット的に魅せたい時への応急処置的な手術と思っておくとよいでしょう。バストアップが持続されるのは1~2年ぐらいです。ヒアルロン酸の吸収が早い体内ですと早まってしまいます。永久的に行いたいという方には不向きの豊胸手術なのですが、メスを入れなくて済むので本格的な手術に抵抗のある方はヒアルロン酸注入を試してみるのも良いかもしれません。術後のメンテナンスも必要ありませんので、定期的に診察も不要です。1回キリの施術で済みます。

大阪でヒアルロン酸注入豊胸の施術を行っているクリニックのサイトにも持続期間は1、2年と記載がありましたが、追加注入は可能とのことでした。注入時間も10~20分と短く、麻酔もするので痛みもほとんどないようです。しかし、美容王国の韓国ではアイプチのように気軽にヒアルロン酸注入する人もいるのですが、日本ではまだ少し抵抗があるかもしれません。しかし、実は意外としている方も多いのです。医療事故のないしっかりした美容整形外科の施術を受ければ安全なバストアップ方法です。

プロテーゼ法

Pocket

プロテーゼ法はもっともポピュラーな豊胸手術法です。人工のバックを胸を切開し直接入れます。人工バックにはジェルや液体、シリコンなど様々あり、人工の胸に近い柔らかさと弾力さに似せて作らています。胸の大きさは人工バックで調整できますのでよりご自身の理想のバストに近いシルエットに仕上げることができますし、大幅なバストアップも可能です。

人工バックしかしこのプロテーゼ法ですが、人工バックが永久的に持つわけではありません。バックの取り換えが必要でそれは、10年~15年ごとが打倒です。また切開による手術なので少なからず体への負担が生じますし、術後は病院に通う必要もあります。かなりおおがかりになってしまい、そのことに躊躇う方も多いです。

しかし胸の小ささ、形が悪いことで内向きになるぐらいコンプレックスと感じているのであれば手術を受けて自信につなげるのも悪くないです。10年先もその先もの費用を考えて算段ができるのであれば理想のバストを手に入れるのもありです。

昔は少し抵抗のあったこのバストアップ法ですが、最近では普及しまた技術も進歩してきているので安全性や衛生面でトラブルになることはめったにないのが現状です。後はご自身のお財布と決意のみではないでしょうか。

脂肪注入法

Pocket

全身のダイエットも目的で行える一石二鳥の脂肪注入法を紹介します。名前にある脂肪は自身の体内にある脂肪を使います。脚やおしりなどの異常についた脂肪しかし、胸がない場合にはこの脂肪注入法を行います

バストアップ体重が増えることがないので嬉しいこともあるのですがしかし、この脂肪注入法にも困った点がいくつかあります。まずは胸に注入する脂肪を取らなければいけません。その手術の体への負担が大きいのです。そしてさら胸への注入が必要。2回以上の手術が必要になり体に相当の負担がかかります。

体内の脂肪の吸着率は40~60%で100%ではありません。したがって、バストを1サイズ大きくしたいと希望すると、用意する脂肪は1カップ以上の容量が必要になります。それをすべて体内から取ることになるのでサイズアップする容量が限られます。

希望するサイズではなく、取れる脂肪分だけをバストアップに使うということになるので、自身目指すバストサイズや形にするのは厳しいです。胸のサイズ目的ではなくダイエット目的や脂肪吸引が目的であればこの方法を採ると一石二鳥のお得感を得ることができますが、そうでない場合は他の方法でバストアップをする方が懸命ですね。

豊胸施術の仕組み

Pocket

豊胸豊かなバストに憧れを抱く人は多く、ストレッチなどでなんとか頑張ってはいるもののそこまで大きくならずいよいよ豊胸施術をしようと決意した人も少なくはないでしょう。そこで豊胸手術の仕組みを説明します。

豊胸に必要なものは筋肉です。脂肪ではないのが意外ですね。胸筋を鍛えるストレッチは効果的と言われているのも納得できます、ストレッチは胸が落ちるのをおさえるだけでなく豊胸にも少なからず効果的ということです。豊胸手術ですることは、乳房を大きくするこです。手術で乳房を大きくしてもそれを支える胸筋がないと時期に垂れ下ってきてしまいます。胸筋を鍛えるストレッチはかかせないでしょう。

豊胸手術には幾つかの方法があります。その中で3つをご紹介します。まず1つ目は、脂肪注入法です。この脂肪ですが、ご自身の体内に持つ脂肪を吸引し、それを注射器で胸に入れます。そして2つ目は、プロテーゼ法です。これはもっとも多い手術法です。プロテーゼとは人工でできた液体をパックしたものなのですが、ジェルのようなものです。このパックを胸を少し切開し入れます。そして3つ目は、ヒアルロン酸注入法です。切開する必要がないのでもっとも気軽に行える豊胸手術とされています。注射器でヒアルロン酸を胸部に注入します。

どの方法を選ぶかは、ご自身の胸に対するコンプレックスもしくは要望により異なってきますし、もちろん費用も異なりますし。採用した手術によってはその後のメンテナンスの必要も出てきます。