豊胸施術の仕組み

豊かなバストに憧れを抱く人は多く、ストレッチなどでなんとか頑張ってはいるもののそこまで大きくならずいよいよ豊胸施術をしようと決意した人も少なくはないでしょう。そこで豊胸手術の仕組みを説明します。

豊胸に必要なものは筋肉です。脂肪ではないのが意外ですね。胸筋を鍛えるストレッチは効果的と言われているのも納得できます、ストレッチは胸が落ちるのをおさえるだけでなく豊胸にも少なからず効果的ということです。豊胸手術ですることは、乳房を大きくすることです。手術で乳房を大きくしてもそれを支える胸筋がないと時期に垂れ下ってきてしまいます。胸筋を鍛えるストレッチはかかせないでしょう。

 

豊胸手術には幾つかの方法があります。その中で3つをご紹介します。
まず1つ目は、脂肪注入法です。この脂肪ですが、ご自身の体内に持つ脂肪を吸引し、それを注射器で胸に入れます。

そして2つ目は、プロテーゼ法です。これはもっとも多い手術法です。プロテーゼとは人工でできた液体をパックしたものなのですが、ジェルのようなものです。このパックを胸を少し切開し入れます。

そして3つ目は、ヒアルロン酸注入法です。切開する必要がないのでもっとも気軽に行える豊胸手術とされています。注射器でヒアルロン酸を胸部に注入します。

 

どの方法を選ぶかは、ご自身の胸に対するコンプレックスもしくは要望により異なってきますし、もちろん費用も異なりますし。採用した手術によってはその後のメンテナンスの必要も出てきます。