脂肪注入法

全身のダイエットも目的で行える一石二鳥の脂肪注入法を紹介します。名前にある脂肪は自身の体内にある脂肪を使います。脚やおしりなどの異常についた脂肪しかし、胸がない場合にはこの脂肪注入法を行います。

体重が増えることがないので嬉しいこともあるのですがしかし、この脂肪注入法にも困った点がいくつかあります。

 

まずは胸に注入する脂肪を取らなければいけません。その手術の体への負担が大きいのです。

そしてさら胸への注入が必要。2回以上の手術が必要になり体に相当の負担がかかります。体内の脂肪の吸着率は40~60%で100%ではありません。したがって、バストを1サイズ大きくしたいと希望すると、用意する脂肪は1カップ以上の容量が必要になります。それをすべて体内から取ることになるのでサイズアップする容量が限られます。

 

希望するサイズではなく、取れる脂肪分だけをバストアップに使うということになるので、自身目指すバストサイズや形にするのは厳しいです。胸のサイズ目的ではなくダイエット目的や脂肪吸引が目的であればこの方法を採ると一石二鳥のお得感を得ることができますが、そうでない場合は他の方法でバストアップをする方が懸命ですね。